特徴と最新医療

生存率が低い

doctor

すい臓がんは体の中の膵臓にできるがんです。あらゆるがんの中でも最も生存率の低いがんであるといわれ、がんの王様という別名で呼ばれています。すい臓がんが、これだけ医学が発達した現代においても治療が困難ながんである理由はいくつかあります。まず、自覚症状がほとんどないため、早期発見がとても難しいということです。症状としては腹痛や食欲不振、黄疸などの症状が現れるのですが、こういった症状が出ている時点ですでに手術では治せないほどがんが進行してしまっている場合がほとんどなのです。すい臓がんの治療が困難なもう一つの理由は、すい臓がんは、早い段階でほかの内臓に転移してしまうことが多いことです。また、他の臓器と密接しているので、放射能治療を効果的に行なうのが難しいことも、すい臓がんが治療困難であると言われる理由の一つです。

最新治療

癌の治療は大きく分けると3つあります。外科手術によって病巣を取り除くという治療法、放射線による治療方法、抗がん剤による治療方法が現在主流のがん治療法です。これらの治療を組み合わせることで、一般的ながんの多くは、治療することが可能ですしかし、すい臓がんへの治療には、従来のがん治療法ではなく、重粒子線治療や、ジェムザールという抗がん剤を使用することが効果的だと言われています。患者への身体の負担も少ないので、注目されているのです。どの治療が自分にもっとも適しているのか、医師との相談を重ねましょう。がんの王様であるすい臓がんを克服することも不可能ではなくなっているのが、現代なのです。