日本人に多い病気

看護師

肺がんは、日本人に増加傾向にある病気です。肺がんの主な要因は、喫煙の習慣によるものです。主な症状は、息切れ、血痰、咳などです。予防のためには、禁煙すること、ビタミンが多く含まれる食品を食べることが大切です。

治療方法と早期発見

Abdominal pain

大腸がんは手術で除去できるものであれば手術で根治できることがあります。手術だけですべて除去できない場合や、手術できない大腸がんに対しては抗がん剤治療が行われます。また、早期発見しやすいがんですので、早期に発見し、治療することが大切です。

特徴と最新医療

doctor

すい臓がんは自覚症状がなく、早期発見が難しいです。従来のがん治療法での対処は困難でしたが、新しい抗がん剤や重粒子線治療といった新たな治療で、治療可能となってきています。自分に適する治療を選択しましょう。

大腸の癌腫

お腹に違和感がある時は要注意!鼠径ヘルニアの手術を受ける時は、年間症例数の多い專門クリニックで治療を受けましょう。

ストレスや食生活が原因で大病の大腸がんになるケースがあります。どういう風に治療をすれば良いのかサイトで調べてみましょう。

概要と原因

doctor

大腸がんは大腸にできる癌腫の事です。大腸がんは癌腫ができる部位によって三種類に分ける事ができます。すなわち直腸がん、結腸がん、直腸がんです。大腸がんを罹患する人は毎年増加傾向にあります。がんによる死亡率において女性では一位、男性では三位となっており、全体でも胃がんを抜いて二位の死亡率となっています。特に結腸がんの増加率は極めて高い傾向を示しています。大腸がんの原因は不明ながらも、国や地域によって大きなバラつきがある事から、生活環境や食習慣が大きな要因であると言われています。その証拠に大腸がんの少ない国から多い国に移住した人の罹患率は、少ない国に比べて高くなっています。他のがんと同じく遺伝によるリスクの増減も指摘されています。

早期発見と治療

早期発見の段階で治療できれば完璧に治療できますが、大腸がん自体は自覚症状がでにくいがんで、仮に身体の異常を見つけたとしても、その原因が大腸がんであると認識できる確率はそれほど高くありません。最も分かりやすい身体の異常は排便の変化で、血便や下血・下痢や便秘を頻繁に繰り返すなど目に見える形で現れます。ですが、この状況になるとある程度病状が進行している事が多いのです。大腸がんの治療法は進行具合によって変化しますが、基本となるのが外科的な治療です。早期発見できた場合は、内視鏡での摘出手術で終わらせる事ができます。がん治療に一般的な化学療法や放射線治療も行われます。大腸がんは早期発見さえできれば怖い病気ではありませんので、定期的な健康診断が最大の予防法です。